TrackMan FGA Fundamental Swing Plane & Swing Direction

最後はSwing dataです。実際の弾道を決めるのはインパクトの数値(Collision data)ですが、インパクト前後のスイングがある程度その根拠になります。重要なのはSwing PlaneとSwing Directionで、この2つだけ理解できれば問題ありません。

 

まずはSwing Planeです。ダウンスイング中のスイングアークの底、だいたい膝から膝にかけての部分の、地面に対するクラブヘッドの動きの角度を測定します(実際に、スイングアークの角度と考えて問題ありません)。短いクラブ(ロフトが大きいクラブ)ほどボールの近くに立つ必要があるので、基本的にSwing Planeは垂直に近くなります(俗に「縦振り」と言われ、フラットに近いスイングを「横振り」と言います)。つまり、Swing Planeは使用クラブのライ角にある程度依存すると言えます。

 

↑図:Swing Plane

↑図:Swing Direction

 

また、プレーヤーの身長(高いプレーヤーほど垂直に近づきます)やポスチャーによっても変化します。Swing PlaneはAttack Angleに影響しますので、自分に適した角度でインパクトできるよう常に注意しましょう。

 

Swing DirectionはSwing Planeの方向を示します。右打ちのプレーヤーの場合、ターゲットラインに対してSwing Directionが(図のように)開いていると、Club Pathがインサイドアウトになりやすく、逆に閉じているとアウトサイドイン(カットスイング)になりやすくなります。ターゲットラインとSwing Directionが一致している場合を「オンプレーン」と呼びます。

 

基本的にSwing Directionはアドレスに依存します。いわゆる「正しい数値」はありませんが、あまり極端な数値が出ないよう注意しましょう。