TrackMan FGA Fundamental Spin Axis② 縦と横のギア効果

現実問題として、もしボールの曲がりがPace to Pathだけで説明がつくのであればどれほど楽なことでしょう。確かにPace to Pathはボールの曲がりを決定する大きな要素ですが、クラブフェースのインパクトした場所によっても曲がりが変化します。 それを「ギア効果」と呼びます。ではまず、先述の「Spin Axis」について説名します。

図:Spin Axis

Spin Axisとは、ボールの回転軸が水平軸よりもどの程度傾いているのかを示す指標です。図の場合だと、回転軸が左にかなり傾きながら飛んでいるのがわかります。この場合ですと、ボールは左に曲がります。

どうして曲がるか??という説明は長くなりますので割愛しますが、簡単に申しますと、軸が傾くとボールの左右の部分に圧力差が生じ、圧力が強い方から弱い方へボールが引っ張られていきます。飛行機の傾きをイメージして頂くと良いと思います。

図:Spin Axisと飛行機の曲がり

 

飛行機の翼は円形ではありませんが、同様の理由で機体はカーブしていきます。左に傾けば左、右に傾けば右に曲がっていき、またその傾き度合いが強ければ強いほど曲がりが大きいと覚えましょう。

そのSpin Axisを大きく決めるのがFace to Pathですが、特にウッド系のクラブで生じる「ギア効果(Gear Effect)」もかなりの影響を及ぼします。ギア効果とは、クラブフェースの芯ではない場所にインパクトした時に起こる、フェース面のよじれが原因でSpin Axisが変化する現象です。

ドライバーなどのヘッドが大きいクラブは、Face to Passが左に曲がるような状況でも、インパクト位置がヒール側になると、なんとSpin Axisが右に曲がる状態にまで変化する場合があります。

図:横方向のギア効果

 

このように、芯よりもヒール側でインパクトするとスライス回転のSpin Axisになり、トゥ側でインパクトするとフック回転のSpin Axisになります。

また、ギア効果は縦方向にも存在し、曲がりではなく飛び出す高さやSpin Rate(スピン量)に影響します(後で詳述)。

これをまとめると下の図になります。

図:Gear Effect

これらのギア効果を薄めるために、クラブフェースには丸みがついており、芯を外してインパクトしても大きなギア効果が起こってしまうのを防ぐ工夫がなされております。

図:ロールとバルジ

 

実際にボールを打った際にボールが思ったような曲がりをしなかった場合、どうしてそのような曲がりになったのかをフィードバックする必要があります。そうしないと次も同じミスをしてしまう可能性が高いからです。そのためにはまずFace to Pathとギア効果を理解し、実際のインパクトの芯を外した時の「手ごたえ」を経験しておくことで、そのミスの原因が「Face to Path」なのか、「ギア効果」なのかを判別できるようになります。

 

 

お次はこちら↓