2つのコースマネジメント

さて、ここまでGame1とGame2について、それぞれ詳しく見てきました。ここからは、実際にコースでマネジメントを実践するための方法を考えて行きましょう。スコアアップするためには、

・平均飛距離を上げる[Game1]

・平均3打エリアを広げる[Game2]

の2つの方法しかありません。また、平均飛距離が上がっても、平均3打エリアが下げってしまってはスコアが変わりません(または下がってしまうことも頻繁にあります)ので、この2つのGameのバランスがとても重要になります。

ではまず、ゴルフにおける2つのマネジメント方法を見て行きましょう。図の左は[飛ばせ近づけマネジメント]と呼ばれるもので、アマチュアゴルファーの大半の方が採用しているマネジメント方法です。ティーショットでは一番飛ぶクラブでなるべく遠くに飛ばし、グリーンに届きそうな距離になれば、とにかくグリーン(またはピン)に近づけようと試みます。

この方法はとにかくボールを飛ばしてピンに近づければいいので、あまり難しいことを考えなくても実行できるというメリットはあります。しかしGame1で無駄な飛距離を出してしまい、多大なリスクを負う可能性が大きくなります。また赤の傍線で示している[近くて難しいエリア]に行ってしまうリスクが高く、Game2で3打エリアを稼ぎづらいというデメリットあり、スコアアップの観点からあまりお勧めできるマネジメント方法ではありません。

 

一方、図の右は[グリーン逆算マネジメント]と呼ばれるもので、どこからグリーンを狙うか(どこからGame2を始めるか)を先に決め、その決定から逆算してGame1を組み立てる方法です。この方法は、飛ばせ近づけマネジメントでは避けることが難しかった[近くて難しいエリア]

 

図:左・飛ばせ近づけマネジメント

右・グリーン逆算マネジメント

に行くことが少ないので、平均3打エリアを稼ぎやすいのが特徴です。また初めからどこからグリーンを狙うかを決めているので、無駄な飛距離を出してしまうリスクも少なくなるというメリットがあります。最大のメリットは、失敗した際にその原因を追求し、次はどのようなマネジメントをしたらいいかをフィードバックすることができる点です。

ただ、この[グリーン逆算マネジメント]は習得が難しく、その習得には、コース上の[遠いけれども易しいエリア]を見つける技術や、G1からの高い3打率などの条件が必要です。これらの条件を満たし、無駄な飛距離を狙わず3打エリアを稼げるよう、1日も早くグリーン逆算マネジメントを身につけましょう。

 

お次はこちら↓