平均3打エリア

では具体的にコースマネジメントを実践するには、一体何を根拠に決めていけばいいのでしょうか?実はそれを決定する重要な数値があります。まずはGame2のクオリティを示しスコアと最も相関が強い[平均3打エリア]、そしてその3打エリアを確定する[3打率]を詳しく紹介します。スコアアップにはこの2つを念頭に置いてマネジメントを組み立てることが必要です。また、Game1のクオリティを示すのが[平均飛距離]です。合わせて説明します。

 

 

3打エリアとは、[H.Oしたストロークから逆算して3打目のPinまでの距離]を指します。例えば、Pinまでの残り100Yの地点からグリーンオンさせ、そこから2パットでH.Oした場合の3打エリアは100Yになります。また、グリーン手前の残り20Y地点から3打かかってH.Oした場合の3打エリアは20Y。では、400YのPar4バーディをとったら?? そうです、その場合の3打エリアは400Yです。そして、それら全てのホールの3打エリアを平均したものを[平均3打エリア]と呼びます。

 

簡単に言えば、より遠い位置から3打でH.Oできることは価値が高く、ゴルフが上手ということになります。もしゴルフが上手くなりたければ、今よりも遠い場所から3打でH.Oできるように努めるべきです

この平均3打エリアとラウンドスコアには非常に強い相関があり、平均3打エリアがほぼスコアに直結します。

 

平均3打エリア - スコア(推定値)

0〜10       -  126以上

10〜30        -  126〜108

30〜60        -  108〜90

60〜80        -   90〜82

80〜100      -   82〜78

100〜130     -   78〜72

130〜160     -   72〜68

160以上    -  ツアーレベル  図:平均3打エリアとスコアの相関図

 

お次はこちら↓